活動報告
職能運営委員会
職能運営委員会では、地域での「まちの保健室」開催で、看護協会の活動を理解していただくことと、地域住民の健康管理や指導に役立てたいと考え、活動を行っています。
毎月の定例会においては、主に「まちの保健室」の活動報告と集客数の増加の検討を行っています。
今年度は相談内容に応じ、血圧体脂肪率の正常値、生活習慣や食事指導をわかりやすく説明できるよう、パンフレットを用いた指導を行いました。
また、子宮癌検診へ受診してもらうようパンフレットを配布しました。
地域で催される健康まつりやイベントにも参加を行い、更なる看護協会活動を理解していただき、 市民の皆さまの健康づくりに役立つことができれば幸いと考えております。
活動を継続するにあたり、会員の皆さまのご理解とご協力が大きな支えとなりますので、今後とも応援も含めてよろしくお願いいたします。


研修運営委員会
研修運営委員会では、「看護の動向を考える~つなげよう、私たちの看護~」をテーマに研修の企画運営を行なってきました。
長崎県看護キャリア支援センターにおいて、県北地域で活躍されている認定看護師ほか、臨床工学技士など、さまざまな職種の方に講師を依頼し研修を行なってきました。
平成29年度は、シリーズ研修も含めて計9回の研修を企画運営し、認知症看護や地域包括ケアシステムにも着目して、退院支援・在宅支援の研修を行ってまいりました。
研修の評価にあたりましては、皆様にいただいた多くの意見をもとに研修運営委員で検討し、次年度の研修に活かしていきたいと考えています。
今後も、皆様に興味を持っていただき、実践に活かすことのできる研修企画を行なっていく予定です。
これからも、研修運営委員会活動にご理解とご協力をお願い致します。


事業運営委員会
事業運営委員会では、看護協会への理解を深めていただく事を目的として、会員の方や一般市民の方に向けての広報活動を行っています。
地域の皆様と直接ふれあい、協会活動を知っていただくために、 今年度も平戸地区の平戸市福祉健康まつりに参加しました。
平成29年8月2日(水)には、高校生を対象とした「ふれあい看護体験」を行いました。
参加高校は16校139名、協力して頂いた医療機関は21施設でした。参加後、学生へのアンケート結果より「コミュニケーションの大切さ」「チーム医療の必要性」など実際に体験でき、全員が参加して良かったと回答されました。
  また、「看護の日」記念行事は、平成30年5月12日(土)佐世保市中央公民館で開催いたしました。今回はテーマを「看護フェスタ~いきいき健康長寿~」として、一般市民の皆様の参加を目的とした内容にいたしました。
高校生の「ふれあい看護体験」の発表、高齢者疑似体験や、自らの体を知るための身体計測、更には認知症について認知症疾患センター精神福祉士の日和田 正俊 先生を講師にお迎えしてご講演いただきました。
「県北支部だより」は、会員の皆様に楽しく読んでいただけるように、リニューアルをして年2回発行いたしました。
今年度は、支部活動報告のほか、病院・施設紹介やナース川柳などを掲載いたしました。
今後も多くの方々に県北支部活動を伝えられるよう頑張っていきたいと思います。
ご協力を宜しくお願いいたします。


総務運営委員会
総務運営委員会は、総務運営副支部長1名、委員長1名、委員5名で活動を行っております。
役割として、県北支部報告会の企画・運営、研修及び交流会の開催、次年度役員候補の検討、歳末助け合い募金などを担当しています。
平成29年度の県北支部報告会は、6月24日土曜日に佐世保市コミュニティセンターで開催しました。
平成29年度の交流会は、「施設代表者・リーダー・職員研修及び交流会」と変更し、長崎県看護キャリア支援センターで開催し、82名の参加を得ました。
講師に、佐々町役場住民福祉課地域包括支援センターの江田佳子先生をお招きし、「佐々町における地域包括ケアに向けた取り組み」「医療と介護、福祉の連携の必要性」についてご講演頂きました。
グループワークでは、それぞれが感じたことや考えたこと、自施設での取り組みについて意見交換し、グループ別に発表しました。各施設の方々と親睦を深めながら、地域包括ケアシステムの充実に向けた看護師としての役割を考えることができた機会になったと思います。
平成30年度も「施設代表者・リーダー・職員研修及び交流会」を行う事が決定しております。平成29年度の交流会にご参加頂いた方々の意見や感想をもとに、内容を「佐世保市における地域包括ケアに向けた取り組み」として研修企画を予定しておりますので、多数の皆様の参加をお待ちしております。
平成30年度の役員改選におきましては、各施設の皆様のご理解とご協力を頂き、誠にありがとうございました。
これからも、総務運営委員会活動継続にあたりご理解とご協力よろしくお願いいたします。


あなたも、看護協会に入会しませんか

お問い合わせ